【初めてのティーカッププードル】失敗しない探し方は?

ティーカッププードルを飼いたいけど、探し方が分からないとお悩みの方もいらっしゃることでしょう。この記事では、ティーカッププードルの探し方や、おすすめのお迎え先を紹介しています。

記事を読めば、ティーカッププードルをどこでお迎えできるか分かるので、この犬種を家族に迎えたい方は必見です。

ティーカッププードルはペットショップにはめったにいない

ティーカッププードルはめったにショップにはいません。ティーカッププードルは犬種として認定されていないため、純血種として登録し販売することができないからです。

ペットショップで特別小さなプードルを購入したとしても、血統管理上の犬種基準は「トイプードル」であり、成長しても小さいままである保証はできません。よって、ペットショップでティーカッププードルを探すのはおすすめの探し方ではないといえるでしょう。

探すならプードル専門店かブリーダーを利用しよう 

プードル専門店やブリーダーの利用は、ティーカッププードルの探し方としておすすめです。専門店やブリーダーからティーカッププードルを購入すれば、親やきょうだい犬に会いサイズを確認できます。

親が小さい個体は成犬になったときも小さいままである可能性が高いため、確実にティーカップサイズのプードルを探せることでしょう。

ブリーダーからティーカッププードルを購入するメリット3つ 

ブリーダーを利用しティーカッププードルを見つける探し方のメリットは、主に3つあります。以下では、各メリットを分かりやすく徹底解説します。

仲介業者を挟まないので比較的安価で購入できる 

販売店はすぐに犬をお迎えできる便利な場所です。しかし、これは数多くの仲買業者が関わることで、初めて実現できるのです。販売店で犬をお迎えすると、仲買業者に払う人件費・輸送費・飼育管理費などが生体の価格に上乗せされます。

一方、仲買業者を雇わない個人ブリーダーの場合、追加費用は上乗せされません。結果として支払う費用は生体代のみになるため、安く子犬を購入できます。

優秀なブリーダーは子犬の両親やきょうだいの情報を把握している

ティーカッププードルは生まれる確率が低く、確実に小さなサイズの個体を生み出すには血統管理を擁します。親やきょうだい犬のサイズが小さい場合、お迎えできる子の身体のサイズは小さくなります。

ティーカッププードルのブリーディングに長けているブリーダーは、血統管理を徹底し小さな個体の販売実績も多数あります。販売の際には成長後に予想される体のサイズを掲載しているケースも多いため、安心して小さな個体をお迎えしやすいといえるでしょう。

ブリーダーサイトを使えばさまざまなブリーダーのティーカッププードルを探せる 

ティーカッププードルのブリーダーは、ブリーダー直販サイトで見つけやすい傾向にあります。直販サイトでは子犬の価格や情報はもちろん、写真や動画なども掲載されています。

犬舎の所在地も記載されているため、ご自身の居住地に近い場所に絞りブリーダーを探すことも可能です。

直販サイトならさまざまなブリーダーの販売する子犬から、お気に入りの子を探せます。子犬の探し方を解説するコンテンツも充実しているため、犬の飼育初心者でも安心して子犬を探せることでしょう。

ブリーダーからティーカッププードルを購入するデメリット2つ

ブリーダーからのティーカッププードルの購入には、メリットだけでなくデメリットもあります。以下では、ブリーダーからティーカッププードルを購入する際に起こり得るデメリットを2つ紹介します。

いつでもティーカッププードルがいるとは限らない

ティーカッププードルは小さく、お産が大変なため、1回のお産で2〜3匹ほどしか生まれません。1人のブリーダーに絞ってティーカッププードルのお迎えを検討すると、時期によっては犬舎に子犬が全くいない可能性もあるのです。

特にチャンピオン犬から生まれる血統の良い子犬は、希少価値が高くなかなか入手できないこともあります。

優良なブリーダーを自分で見極めねばならない

ティーカッププードルはブリーディングが難しく、優良なブリーダーを見つけにくい犬種です。ブリーダーによっては成長後の身体の大きさ予想を公表していなかったり、偶然生まれた身体の小さな子犬をティーカッププードルとして販売していたりします。

血統管理がずさんなブリーダーからティーカッププードルを購入すると、成長後に身体が大きくなり過ぎることがしばしばあります。

確実にティーカッププードルを探すには、優良ブリーダーをご自身で見極めねばならないのがブリーダーを利用するティーカッププードルの探し方の大きなデメリットだといえるでしょう。

プードル専門店でティーカッププードルを購入するメリット5つ

プードル専門店を利用する探し方も、ティーカッププードルをお迎えするにはおすすめです。ここでは、プードル専門店を利用しティーカッププードルを見つける探し方のメリットを5つ紹介します。

血統の良いティーカッププードルに出会える確立が高い

プードル専門店では、常時多数のティーカッププードルのベビーを取扱いしています。血統管理も徹底しており、人工授精など高度な技術でティーカッププードルを交配している店舗も存在します。

そのため、小さなサイズのティーカッププードルの流通がしやすく、個人ブリーダーと比較して取り扱っている犬の数が多い傾向にあるのです。よって、確実に小さなサイズのティーカッププードルに出会いたい方は、専門店を利用するのがおすすめだといえるでしょう。

さまざまな毛色や毛質の子犬を探せる  

ブリーダーはスタンダードから外れた毛色や毛質の子犬を作出しないため、スタンダードとして認められていない毛色や毛質の子は「ミス」として扱っています。

しかし、プードル専門店のなかにはミスカラーを子犬の「個性」として販売したり、変わった毛質の子犬を専門で売り出したりしているお店もあります。変わった見た目のティーカッププードルに会える可能性も高いため、個性のある子を家族に迎えたい方はぜひ利用してみてください。

マイクロティーカッププードルなど希少な品種に出会える 

プードル専門店の中には、ティーカッププードルより小さい「マイクロティーカッププードル」「プチティーカッププードル」などの品種を取り扱っているお店もあります。希少価値の高い超小型プードルを専門で販売しているお店もあるため、とにかく小さなサイズのティーカッププードルが欲しい方に専門店を利用した探し方はうってつけです。

子犬の送迎サービスを行っている店舗が多い

目当ての子犬をお迎えしたいけれど、お店が遠方にあるため直接のお迎えが難しいと悩む方は、きっと少なくないことでしょう。プードル専門店の中には、子犬のお迎えの際に送迎サービスを利用できるお店もあります。

送迎サービスでは、空輸やスタッフによる子犬の直接送迎を利用できます。なお、送迎サービスは、直接の顔合わせをしなければ原則利用できません。一度犬舎を見学に行ってからサービスを利用しましょう。

トリミングなどのアフターサービスが充実している店舗も 

プードル専門店はプードルの扱いに長けており、シャンプーやトリミングなどのアフターサービスを実施しているお店も少なくありません。ペットホテル併設の店舗も珍しくないため、ティーカッププードルを残して旅行をする際も安心です。

保険の代理店である店舗なら、購入時にペット保険に加入することも可能です。購入したらサポートは終わりではなく、引き続きアフターサービスを受けられるのもプードル専門店を使いティーカッププードルを見つける探し方のメリットだといえるでしょう。

プードル専門店でティーカッププードルを購入するデメリットは?

プードル専門店で販売されているティーカッププードルは、ブリーダー直販の子より比較的値段が高い傾向にあります。血統管理や繁殖がしっかり管理されている反面、購入の際に請求される金額は高くなりがちです。

ブリーダーを雇いティーカッププードルを集めているお店の場合は、仲買手数料も生体の価格に加算されます。よって、生体の価格にかける予算がある程度高い方に、プードル専門店のティーカッププードルは適しているといえるでしょう。

探し方別ティーカッププードルの価格相場は?

ティーカッププードルは探し方により価格相場が異なる犬種です。ここでは、探し方別にかかるティーカッププードルのお迎え予算を紹介します。

ブリーダーを利用する探し方なら45万円~80万円

ブリーダー直販店は、お迎えにかかる費用が比較的安い傾向にあります。お迎えにかかる費用の平均相場は、45〜80万円程度です。レッドやブラウン、アプリコットなどの標準カラーなら、価格はさらに安くなり30万円程度におさまることもあります。

専門店を利用する探し方なら80万円以上

プードル専門店のティーカッププードルは、お迎え相場が高く80万円以上かかる傾向にあります。ティーカッププードルよりも小さなサイズの「マイクロティーカッププードル」になると、生態費用が200万円を超えることもあります。

当店では、小さなサイズのティーカッププードルを数多く取り扱っております。保険の代理店もしているため、お迎えしたティーカッププードルをすぐに保険に加入させることもできます。ティーカッププードルをお迎えするにあたって、不安なことがございましたら、なんでもご相談くださいませ。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL