お迎え後の注意点はありますか?

子犬をお迎え頂いた当日は、移動による疲れや環境の変化で子犬に大変な負担がかかっています。 出来るだけ静かに落ち着ける場所をご準備頂き、元気で遊んでほしそうなしぐさを見せてもグッと我慢して下さい。子犬が落ち着かないようであれば、サークルやケージを大きめのブランケットなどで覆って目かくしをしてあげるのも良いでしょう。

お迎え直後の子犬は始めてのにおいや音、見たことのないものに驚き、理解しようとして頭がフル回転しています。そんな時期に頻繁に抱っこされたり、顔を覗き込まれるだけでも子犬にとっては大きなストレスになることがあります。

ようやくお迎えした子犬が元気に走り回る姿を見てみたいという飼い主様のお気持ち分かりますが、おうちの中で落ち着いて過ごせる子に育てるためにも、お迎えから1~2週間ほどは、サークルやケージ外の遊びの時間は1日に60分程度にされると良いでしょう。

構いすぎは体力低下の原因となり、また、騒げばかまってもらえると学習してしまいますので、よく眠れるように安心できる環境を整えてあげて下さい。

まずは子犬がこれから一緒に暮らすご家族を見て緊張しないように、落ち着いた環境づくりを目指してください。 しつけは環境に慣れた後(お迎えから2週間ほど)から始めると良いでしょう。

子犬は寒さにとても弱いですので、冬場はベッドにペットヒーターを入れ子犬が体を温められる場所をご用意下さい。夏はエアコンの冷気が直接あたり体を冷やすことのないように気を付けてあげてください。

お迎え前にトリミングは済ませておりますので、シャンプーや入浴はお迎えから2~3週間は控えるようにして下さい。その後のシャンプーは1ヶ月毎を目安にされると良いでしょう。 頻繁にシャンプーを行うと、皮膚トラブルやふけの原因になりますのでご注意ください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。