一人暮らしでも飼えますか?

一人暮らしだけど「犬を飼いたい」と考えたことのある方も多いのではないでしょうか。一人暮らしだと、自分ひとりでお世話をしなくてはならないというプレッシャーや不安があるかと思います。しかし、工夫次第では一人暮らしでも犬を飼えますし、手がかかった分だけ犬との絆も強まるものです。

お迎えしたばかりの子犬が環境に慣れるまでは、できるだけ留守番をする時間を短くする必要があります。
連休を利用して子犬を迎える、仕事の繁忙期を避けてお迎えのスケジュールを組むなど、最初の1~2週間は少しでも長く子犬のそばにいてあげるのが理想です。

また生後3-4か月齢頃までは、消化機能が未熟なため、ごはんは1日3回に分けて与える必要があります。

飼い主様が家を空けるときは、事故防止のために専用のケージやサークルに入れ、脱走や家具へのイタズラに注意しましょう。また、エアコンなどの空調設備を使い、常に室温を管理する必要があります。

実家や友人など、信頼できる預け先があると安心です。信頼して預けられるペットホテルを探しておくのもいいでしょう。トリミングサロンや動物病院で預かりサービスを行っている場合もあります。

免疫力の低い子犬期やシニア期は、病気にかかる可能性が高まります。車や公共交通機関で行ける身近な「かかりつけ医」を決めておきましょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。